news

2018/02/23 11:33

「幻のオレンジ」と称される希少な‘湘南ゴールド’を使用した特別メニューが31日~31日まで期間限定でトミーバハマ銀座レストランに登場します!爽やかな香りと甘味を楽しんで頂けるよう、お料理はもちろん、カクテルやデザートなどさまざまなメニューをご用意しました。この時期にしか味わうことのできない湘南ゴールドを是非お楽しみください。

 

▶ご予約・お問合せはこちら

トミーバハマ銀座レストラン

TEL:03-5568-0555

オンライン予約:

https://www.opentable.jp/r/tommy-bahama-reservations-chuo-ku?restref=17483&lang=ja


■幻のオレンジ、「湘南ゴールド」とは?

神奈川県が10年の歳月をかけて開発し、現在もその味と希少性から幻のオレンジと称される「湘南ゴールド」。山と海に囲まれ、風通しと日あたりの良い西湘地域のみで栽培されています。写真は小田原で湘南ゴールドなどの生産を行う守屋さんの畑にて。相模湾の見渡せる広々とした土地に、たくさんの柑橘類の木が植えられています。

西湘地域はもともとみかんなどの柑橘類の生産で有名なエリアで、湘南ゴールドは西湘地域の名品ゴールデンオレンジと温州みかんを掛けわせた新品種として2006年に誕生。レモンのような見た目ながら、糖度12%と甘みも十分。程よい酸味と濃厚感があり、何より爽やかな香りが魅力の新感覚オレンジとして現在話題を集めています。地元名産品としてジュースやジャムなどの加工品も販売されはじめているそうですが、まだまだ一般市場には出回っていないとのこと。通年2月末に収穫が行われ、味わうことができるのは一年で3月~4月上旬にかけてのみ。寒かった今年は2月中旬に収穫が行われたそうです。


湘南ゴールドの苗木に実がなるまでには約7年かかると言われています。写真の木はまだ12年たったばかりの木。ここから長い歳月をかけて、大きな木へ成長すると、1本の木から200kgもの湘南ゴールドが収穫されるようになるそうです。ただし、隔年結果性が強いため、その年に豊作でも翌年が豊作とは限らず、なかなか供給は安定しないとのこと。苗木自体が少ない現状では、まだまだ市場に出回るようになるには時間がかかりそうです。

 

そんな貴重な湘南ゴールドが味わえる、トミーバハマの3月特別メニューの一部をご紹介します。(日替わりメニューなども登場しますので、詳細は店舗にてお尋ねください)


スタッフドカラマリ 湘南ゴールドモホソース \1,600(税込)

沼津産のこやりいかの中に、ハラペーニョ、パプリカなどが入った黒米のピラフを詰め、トマトとエビのソースで軽く煮た後グリルしています。湘南ゴールドの果汁ににんにく、オレガノ、クミンを入れたモホソースを添え豊かな香りが引き立つ一皿です。 (14:00~のメニューとなります。)


湘南フィズ\900(税込)

カモミール・シトラスのハーブをジンに漬け込み、香り豊かなジンで作ったジンフィズ。湘南ゴールドの苦み、酸味、甘みのバランスがとても良いからこそできるTommy Bahamaアレンジの極上のカクテルです。

湘南ゴールドロールケーキ \800(税込)

生地にも、湘南ゴールドの果汁、ゼスト()を入れ、クリームにはバタークリームベースに、ホイップクリームを入れふんわりと軽く仕上げました。湘南ゴールドの果汁100%で、苦みと酸味のバランスが絶妙です。 (14:00~のメニューとなります。)


みなさまのご来店をお待ちしております!